スーツの基本 そこそこ良い靴とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこそこ良い靴とは

「そこそこ良い靴」っていくらくらい必要なのか?
私の経験から申し上げれば、4~5万円は覚悟してください、
ということになります。

数年前までは、3万円台でもそこそこの靴があったのですが、
昨今のユーロ高(とそれに便乗した商社?の更なる値上げ)によって、
なかなか3万円台でよい靴を探すのは難しくなってきました。

しかし、「高い靴は長いこと履けるから、安い靴を買い換え続けるより
コストパフォーマンスがよい」という主張をされる方もいらっしゃいます。
同じ靴を履き続けるためには、かかとやつま先の張替えの費用や、
定期的なクリーム塗りなどの作業コストも発生しますので、
一概に「絶対効率的!」とは言い切れませんが、
私でもすでに10年目に突入した靴を持っていますので
手入れや扱い方によっては、そういうこともあるかもしれません。

1年間の維持費は、かなり高めに見積もっても
踵修理代2500円×2
つま先修理代1500円×1
クリーム代1000円×0.5(1年では、なくなりません)
合計7000円程度(ほんとはこれにクリームを塗る作業費がかかりますが・・・)
です。

仮に5万円の靴を5年間履いたとすれば、1年間あたりの費用は
5万円÷5+7000円=17000円
コストパフォーマンスについては、そうそう見当違いの話でもなさそうです。

年間17000円で、普段のスーツスタイルに5万円の靴を加えることが
できるかもしれないと思えば、
毎年2万円の靴を買い換えるより価値があると思いませんか?

では次は5万円の靴を5年間履くための注意点について、
書きたいと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■こんにちは

ハカセと申します。
ブログ時々拝見させてください。
どうぞ、よろしくお願い致します。
プロフィール

sartorio

Author:sartorio
散財と失敗の結果、学んできたことを書いていけたらと思っています。

スポンサードリンク
カテゴリ
このブログで扱われている話題
クリックすれば関連記事を開きます

コーディネート スーツ ビジネス シャツ スナップ クールビズ ビームス 革靴 中村達也 雑誌 メンテナンス トゥモローランド ネクタイ 結婚式 ジャケパン 就職活動  フォーマル パターンオーダー 栗野宏文 ユナイテッドアローズ ピッティ コート GQ 自転車 アイロン クリスマス プレゼント ポパイ ホーズ スイーツ 靴下 鴨志田康人 コルノブルゥ JR大阪三越伊勢丹 阪急メンズ館 青山 ツープライス リングヂャケット オーダー エリコフォルミコラ イッピン SPIGOLA 靴クリーム リュック 3WAY 春夏 ホワイトデー 芦屋 GQ お洒落 中野香織 赤峰幸生 バーゲン ダイエット District 小木基史 メゾンキツネ 筋トレ トム・フォード ゼニア 阪神間 ウーフ ラヴニュー 靴磨き  ラルフローレン リネン SEEK 大住憲生 セール チョコレート 

ブログ内を検索
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。