スーツの基本 スーツの生地について(2)色

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーツの生地について(2)色

続いて、スーツの色についてです。
DSCF3876.jpg
左から、インクブルー、ミディアムグレー、ライトグレー、紺、チャコールグレー

■色
スーツの色は大きく分けて、紺、グレー、黒、その他の4種類と言ってしまっていいでしょう。

<紺、ネイビー>
・濃紺からネイビーまで。あまり明るい色は、ビジネスには向かない。
・濃色は、ダークスーツとして結婚式などの略礼服にも使える。
・黒靴が合わせやすい。焦げ茶も可。

<グレー>
・チャコールグレー、ミディアムグレー、ライトグレーと濃淡様々。
・チャコールグレーもダークスーツとして略礼服に使える。
・ライトグレーは、職場によっては不適切とされる場合もあるので要注意。
・靴の色は選ばない。茶色の靴は、グレーのスーツとの相性がよい。

<黒>
・ここ数年、フォーマル売り場だけでなくビジネス用の棚に並べる店が増えており、
 会社でも着ている人が増えてきた。
・黒に濃淡はないが、単色・平織りでは礼服のようなので、織柄の入ったものが多い。
・もちろん無地であればフォーマルとして略礼服にも使用可能。

<その他>
この他にも、ベージュや茶色をはじめとして、様々な色のスーツがありますが、
それらを「その他」としてひとくくりにさせてもらったのは、
こうした色のスーツは一般的にビジネスシーンでは使いづらいからです。
最近では、グレーとベージュの中間色の生地もしばしば見かけますので、
どうしても人と違った色を着たい方は、まずこうした中間色から
チャレンジされた方がいいと思いますよ。


ビジネスシーンでの服装は、個人の仕事の能力や信頼感といった印象を左右します。
個性やセンスを出すことも大切ですが、相手にどう映るのかという観点は欠かせません。
業界や社風に合った色選びをこころがけるようにしましょう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sartorio

Author:sartorio
散財と失敗の結果、学んできたことを書いていけたらと思っています。

スポンサードリンク
カテゴリ
このブログで扱われている話題
クリックすれば関連記事を開きます

コーディネート スーツ ビジネス シャツ スナップ クールビズ ビームス 革靴 中村達也 雑誌 メンテナンス トゥモローランド ネクタイ 結婚式 ジャケパン 就職活動  フォーマル パターンオーダー 栗野宏文 ユナイテッドアローズ ピッティ コート GQ 自転車 アイロン クリスマス プレゼント ポパイ ホーズ スイーツ 靴下 鴨志田康人 コルノブルゥ JR大阪三越伊勢丹 阪急メンズ館 青山 ツープライス リングヂャケット オーダー エリコフォルミコラ イッピン SPIGOLA 靴クリーム リュック 3WAY 春夏 ホワイトデー 芦屋 GQ お洒落 中野香織 赤峰幸生 バーゲン ダイエット District 小木基史 メゾンキツネ 筋トレ トム・フォード ゼニア 阪神間 ウーフ ラヴニュー 靴磨き  ラルフローレン リネン SEEK 大住憲生 セール チョコレート 

ブログ内を検索
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。