スーツの基本 スーツのお手入れ、保管(用意するもの)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーツのお手入れ、保管(用意するもの)

日頃のスーツの手入れ、保管の際に、
用意していただきたいものです。

■肉厚のハンガー【必須】



スーツは肩で着る、とよく言われますが、
実際肩は見た目はもちろん動きやすさについても非常に重要な箇所なので、
ほとんどのスーツが、人の肩に沿って立体的に作られています。
肩パッドを想像していただければよいと思いますが、
背中から胸にかけて、弧を描く用に作られているわけです。
ここに板のようなハンガーを入れてしまうと、せっかくの立体が型くずれしてしまいますし、
特定の部分に重さが集中してしまうため、生地を痛める原因にもなります。
そうした理由から、スーツのハンガーには、肩の部分が分厚く作られたものを使用する用にしてください。

湿気を吸収するためにも木製が理想なのですが、木製の分厚いハンガーって高いんですよね・・・。
予算との兼ね合いになりますが、私としては、まず分厚さを優先し、余裕があれば木製に
していただく、という順番をおすすめいたします。




■洋服ブラシ【必須】
ブラシ

手前の黒いのが豚毛(無印)、奥の白いのが馬毛(ブラシの平野)です。
よく馬毛がいいのか、豚毛がいいのかという質問を受けますが、
普通のスーツであれば、豚毛で十分です。
カシミアやシルク混などデリケートな素材のスーツ、コートを持っている方は
馬毛も持って置いて損はないと思いますが、
ロイヤルワラント(英国王室御用達証)を取ったKENT社も、
ほとんどのブラシが豚毛製品です。
(カシミア用とうたっているものも豚毛です)


■パンツハンガー(できれば)
裾を挟むときに、後がつきにくいように幅広のものがあれば理想ですが、
長時間吊るすものでもないので、洗濯ばさみ形式のものでも構わないと思います。

■霧吹(できれば)
なんでもいいです(笑)

続いて、実際の手順についてまとめたいと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sartorio

Author:sartorio
散財と失敗の結果、学んできたことを書いていけたらと思っています。

スポンサードリンク
カテゴリ
このブログで扱われている話題
クリックすれば関連記事を開きます

コーディネート スーツ ビジネス シャツ スナップ クールビズ ビームス 革靴 中村達也 雑誌 メンテナンス トゥモローランド ネクタイ 結婚式 ジャケパン 就職活動  フォーマル パターンオーダー 栗野宏文 ユナイテッドアローズ ピッティ コート GQ 自転車 アイロン クリスマス プレゼント ポパイ ホーズ スイーツ 靴下 鴨志田康人 コルノブルゥ JR大阪三越伊勢丹 阪急メンズ館 青山 ツープライス リングヂャケット オーダー エリコフォルミコラ イッピン SPIGOLA 靴クリーム リュック 3WAY 春夏 ホワイトデー 芦屋 GQ お洒落 中野香織 赤峰幸生 バーゲン ダイエット District 小木基史 メゾンキツネ 筋トレ トム・フォード ゼニア 阪神間 ウーフ ラヴニュー 靴磨き  ラルフローレン リネン SEEK 大住憲生 セール チョコレート 

ブログ内を検索
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。