スーツの基本 就職活動のスーツの選び方(1)服装で見られること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職活動のスーツの選び方(1)服装で見られること

毎年どんどん採用活動が早まってきていますが、
最近では、秋の終わりくらいから、説明会やインターンを開始する会社も
増えてきていますね。
そう考えると、そろそろ就職活動に必要な品々の購入を
検討し始めいている方もいるのではないでしょうか。
ちょっと気が早いですが、就職活動にあたってスーツを新調される方向けに、
就職活動に向けてのスーツの選び方について、書いていこうと思います。

まず、就職活動に臨む服装の心構えについてです。
稀に「面接官世代は2ボタンが多いので3ボタンより好印象」とか
「外羽式は内羽式よりもカジュアルなので避けるべき」とかいった
話を聞くことがありますが、
”一般的に”そうした細かいディテールが採用に影響することはないと
考えてよいと思います。
(※会社によっては例外もあるかもしれません。ご参考まで・・・)

就職活動にあたって服装について見られることと言えば、
1.社会人としての一般的なマナー、節度を守れているか
2.一緒に働きたいと思えるか
の2点くらいのものでしょう。

1.社会人としての一般的なマナー、節度を守れているか
は、「会社の面接を受ける」という「場」において、
社会人になる人間が、常識的な判断をした服装をしているか、
ということです。
スーツや靴の値段は関係ありません。
でも、面接を受けるのに、靴の汚れを取れていなかったり
しわしわのスーツを着てきたりしたら、
「こいつ、こんな大事なときに最低限の身だしなみも整えられないなんて
 プレゼンのときもこんな格好でくるんちゃうか」
と思われますよね。
派手な色や柄のスーツを着ていったり、リュックやセカンドバッグで
行くのも同じ。
「人に判断される大事な場面で、自分をよく見せるための工夫・判断も
 できないやつ」と思われないようにすべきです。

2.一緒に働きたいと思えるか
は、一次面接など、初期の段階で影響があることが多いと思います
(前半の面接・グループ討議などは、社員側も比較的若い人が
 関わるケースが多いですから)。
もちろん、「一緒に働きたいと思えるか」の判断基準は、
考え方やしゃべり方、周りとの接し方などがほとんどですが、
そうした基準の中に、多少なりとも、服装が影響することもありえる、という
程度のことと思っていただければ十分です。

まず、以上2点を意識していただいた上で、
次回は具体的なアイテムごとの選び方について書きたいと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sartorio

Author:sartorio
散財と失敗の結果、学んできたことを書いていけたらと思っています。

スポンサードリンク
カテゴリ
このブログで扱われている話題
クリックすれば関連記事を開きます

コーディネート スーツ ビジネス シャツ スナップ クールビズ ビームス 革靴 中村達也 雑誌 メンテナンス トゥモローランド ネクタイ 結婚式 ジャケパン 就職活動  フォーマル パターンオーダー 栗野宏文 ユナイテッドアローズ ピッティ コート GQ 自転車 アイロン クリスマス プレゼント ポパイ ホーズ スイーツ 靴下 鴨志田康人 コルノブルゥ JR大阪三越伊勢丹 阪急メンズ館 青山 ツープライス リングヂャケット オーダー エリコフォルミコラ イッピン SPIGOLA 靴クリーム リュック 3WAY 春夏 ホワイトデー 芦屋 GQ お洒落 中野香織 赤峰幸生 バーゲン ダイエット District 小木基史 メゾンキツネ 筋トレ トム・フォード ゼニア 阪神間 ウーフ ラヴニュー 靴磨き  ラルフローレン リネン SEEK 大住憲生 セール チョコレート 

ブログ内を検索
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。