スーツの基本 白シャツのコーデとおすすめブランド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白シャツのコーデとおすすめブランド

横2


皆さん、白シャツは何枚お持ちですか。
スーツに合わせるシャツは全部白と決めている方もいれば、逆にスーツのときは白シャツは着ないという方もいます。シンプルなアイテムのはずなのに、人によって捉え方の違う、奥の深いアイテム。
今回は、そんな白シャツに関して、書いてみたいと思います。

普段のスーツに合わせるときのコーディネートやインナー、また白シャツには避けて通れない黄ばみへの対処、最後におすすめのシャツブランドについてまとめます。ブランドについてはメンズだけでなく、レディースも扱っているものも取り上げたいと思います。

それでは早速始めましょう。



■白シャツのコーディネート
ダークスーツに白シャツを合わせて就職活動をした人は多いでしょう。その印象から、白シャツといえば定番で無難、何に合わせても間違いがないものと思われがちですが、実はダークスーツと合わせるとコントラストが強く、バランスよくまとめるのは結構難しいんです。濃紺やチャコールグレーといった濃い色のスーツとコーディネートするときは、ネクタイの柄に白が入っているものを選ぶとよいでしょう。定番の水玉・ドット柄であれば、水玉が白いものがたくさんありますし、ストライプのネクタイでも白が混ざっているものはたくさんありますので探してみてください。例えばこんなの。

(フェアファクス) FAIRFAX タイクリップ付 スカイブルー系 レジメンタルストライプ ネクタイ st12273(フェアファクス) FAIRFAX タイクリップ付 スカイブルー系 レジメンタルストライプ ネクタイ st12273


売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ちなみに私は、普段はライトグレーかベージュ、もしくはミディアムグレーのスーツのときに白シャツ(無地)を着ています。白シャツは薄い色の方が馴染みが良くて、コーディネートしやすいんです。あとチョークストライプのスーツも白シャツかな・・・あれは他の要素をとにかくシンプルにしないと怖い人になっちゃうので・・・

ヨーロッパでは白シャツは礼装であり、ビジネスの場では着ないという人もいますが、そのへんはあまり気にしなくていいんじゃないですかね。要は自分がどういった場でどう見られたいか、それを考えて自分で納得できるスタイルを選べばよいと、私は思います。
White Shirt(NEWYORKER MAGAZINE ICON OF TRAD VOL.21)



■白シャツの下に着るインナー
シャツはもともと下着なのだから、中には何も着ない!という方もいらっしゃるようですが、私はとても汗かきなので、インナーは欠かせません。ただ白シャツは透けやすいので、普通のTシャツを合わせてしまうと襟元や二の腕のあたりにくっきりとインナーの線が見えてしまいますよね。これを防ぐには、透けても肌との境界線が目立たないインナーを選べばいいわけです。おすすめは、なんといってもSEEKです。襟ぐり、袖口とも切りっぱなしで縫い目が無いうえ、タイトシルエットなため、シャツの上からは全く境界線がわかりません。肌の色に近いベージュを選べば、完璧。過去2010年に一度ブログに書いていますが、もはやシャツの下に着るインナーとしては定番品と言ってよいでしょう。
ただちょっと高いんだよなーという方は、同じグンゼの別ブランドにもベージュで切りっぱなしの製品がありますので、こちらも参考にしてみてください。
(ボディーワイルド)BODY WILD Season style メッシュVネックTシャツ  衿・袖・裾きりっぱなし&吸汗速乾&抗菌防臭(ボディーワイルド)BODY WILD Season style メッシュVネックTシャツ 衿・袖・裾きりっぱなし&吸汗速乾&抗菌防臭

BODY WILD(ボディーワイルド) 2014-02-24
売り上げランキング : 1328

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あとユニクロの夏用インナーのエアリズムにも最近ようやくベージュのVネックが加わりました。1枚買ってみましたが、コストパフォーマンスで言えば十分なクオリティと思いました。あのサラサラ感は、好き嫌いあると思いますが、安いので興味のある方はこちらも試してみてください。




■白シャツの黄ばみの対処法

白シャツにつきものなのが黄ばみ。実際は白シャツに限った話ではないのですが、白い生地だと特に目立ちますよね。黄ばみの原因は、洗濯で落としきれなかった汗や皮脂。これらが時間の経過とともに酸化して黄色くなるんだそうです。しばらく着ていなかったシャツを引っ張り出してくると黄ばんでいることが多いのは、こういうわけなんですね。
黄ばみが気になった時にまず使いたいのは襟汚れ専用の洗剤。

ECOVER(エコベール) ステインリムーバー 200mLECOVER(エコベール) ステインリムーバー 200mL

ピー・エー・ディー・ジャパン
売り上げランキング : 2932

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

黄ばみ部分に専用の洗剤を塗り、そのまま洗濯機に入れて洗うタイプがほとんどで、楽ちんです。その中でもおすすめなのがこのエコベールのステインリムーバー。皮脂汚れに強いのはもちろん、キャップ先にブラシが付いており、これ一本で処置ができるのも助かります。
ただし時間が経ってしまったものは、塗るタイプの洗剤でもなかなか落ちなくなってきます。だからといって、ブラシで強くこするのは厳禁。襟元は袖口に続いて傷みやすい部分なので、あっという間に擦り切れてしまいます。
選択で取れない黄ばみには、漂白剤+高温処理がセオリー。この方法だと、頑固な黄ばみもきれいになります。よく言われるのが酸素系漂白剤+重曹+スチームアイロンという方法ですが、私がやっているのは鍋にお湯+酸素系漂白剤+粉石けんを入れてフタをして一晩待つというもの。こちらのブログで知って、一度試してみたら驚くほど綺麗になったので、それ以来白シャツはこの方法で処置しています。オーダーシャツの襟交換をしたら、身頃が思った以上に黄ばんでいてクレリックシャツみたいになってしまったときも、この方法で身頃全体が真っ白になりました。粉石けんをお持ちの方は、ぜひともお試しください。



■白シャツのおすすめのブランド

・最高級品

私は20種類以上のブランドのシャツを買ってきましたが、その中で最も品質が高いと感じたのはFRAY(フライ)です。立体的な裁断、美しい襟の形、そして美しい生地。ツヤや肌触りがよいのはもちろんですが、よい生地はシワの付き方が美しいんです。アンナマトッツオもよいシャツでしたが、白シャツでビシッと決めるならFRAYをおすすめします。もちろん、お値段も最高なんですけどね・・・ちなみにメンズだけでなく、レディースにも展開が有ります。ストラスブルゴやドロワーなどに行けば置いてあるかも。

[ルイジ・ボレッリ]Luigi Borrelli 【正規販売店】オックスフォードシャツ ワイドスプレッド NA35[ルイジ・ボレッリ]Luigi Borrelli 【正規販売店】オックスフォードシャツ ワイドスプレッド NA35


売り上げランキング : 363843

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちらはボレッリのもの。10年前は、FRAYと同じランクだったような気がしますが、最近はバルバの単価が上がってきて、むしろバルバに近いランク付けになっているような気がします。バルバは別注・エクスクルーシブモデルを繰り返すことで徐々に単価を上げてきましたね。うまくやりましたな~。


・コストパフォーマンスのよいブランド
イタリア、フランス、アメリカの有名どころのシャツは大体着倒してきた私が、値段のわりに作りがいいな、と思ったシャツを3つほど紹介します。

メーカーズシャツ鎌倉
コストパフォーマンスという点では、現存するシャツブランドの中でも最高の部類だと思います。私も襟が擦り切れるまで着倒しました。唯一の難点は裄丈のバリエーションがないこと。この値段に抑えるためにはしかたのないことだと思うのですが、身長が170cm以上あって首周りが細い人にはちょっと厳しいかもしれません。こちらもメンズだけでなくレディースも展開しています。

イタルスタイル
関西中心のセレクトショップなのでご存知でない方も多いかもしれませんが、ここのシャツが結構よくできています。この価格帯のシャツとしては、特に肩の作りがよいですね。なかでもアルティジャナーレという、オリジナルの高級ラインのシャツがおすすめですが、まだ扱ってるのかな・・・オンラインショップではメンズしか取り扱われていませんが、店舗にはレディースもあるはずです。レディースは結構デザインされたものが多かったと記憶しています。

SOVEREIGN(ソブリン)
ユナイテッドアローズのオリジナル製品の高級ラインです。丸の内にあるソブリンハウスは敷居が高くて入りづらいですが、ユナイテッドアローズのドレスシャツのコーナーにも置いてありますので、手にとってみてください。ここのシャツもコストパフォーマンスという点では抜群です。バルバばっかり着ている時に、一度試してみたのですが、もう全部ソブリンでええやん、と思ったのを覚えています。ただ当時は結構くせのある生地が多くて、全部ソブリンにするわけにはいかなかったんですが。10年前は、1万円台後半だったんですけど、最近は2万円台半ばみたいですね。それでも、3万円台のイタリア製のシャツに負けない作りになっていると思います。安いものではないですが、コストパフォーマンスのよいものとして挙げてみました。

・ボタンダウン
クールビズの時期は、使い勝手のよいボタンダウンもよいでしょう。ボタンダウンといえばブルックスブラザーズですが、他にもインディビジュアライズドシャツギットマンブラザーズなどアメリカのシャツメーカーは、コンパクトな襟ときれいなロールが共通しています。いつも買っているシャツのブランドでクールビズ用のシャツも揃えている方、一度アメリカブランドのシャツも試してみてください。


いかがだったでしょうか。みなさんが普段白シャツを買う時、コーディネートするとき、そしてメンテナンスするときの参考になれば幸いです。

ちなみに私が今持っているのはダブルカフスのブロード、ギリギリまでウエストを絞った細身のもの、ボタンダウン、そして冒頭の写真の1番前に写っている、裾を出すタイプのもの、と合計4枚です。最近カジュアル用の白シャツを擦り切らせてしまったので、次はカジュアル用の白シャツを買いたいと思っています。狙っているのはヤエカです!
関連記事

テーマ : ビジネスファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sartorio

Author:sartorio
散財と失敗の結果、学んできたことを書いていけたらと思っています。

スポンサードリンク
カテゴリ
このブログで扱われている話題
クリックすれば関連記事を開きます

コーディネート スーツ ビジネス シャツ スナップ クールビズ ビームス 革靴 中村達也 雑誌 メンテナンス トゥモローランド ネクタイ 結婚式 ジャケパン 就職活動  フォーマル パターンオーダー 栗野宏文 ユナイテッドアローズ ピッティ コート GQ 自転車 アイロン クリスマス プレゼント ポパイ ホーズ スイーツ 靴下 鴨志田康人 コルノブルゥ JR大阪三越伊勢丹 阪急メンズ館 青山 ツープライス リングヂャケット オーダー エリコフォルミコラ イッピン SPIGOLA 靴クリーム リュック 3WAY 春夏 ホワイトデー 芦屋 GQ お洒落 中野香織 赤峰幸生 バーゲン ダイエット District 小木基史 メゾンキツネ 筋トレ トム・フォード ゼニア 阪神間 ウーフ ラヴニュー 靴磨き  ラルフローレン リネン SEEK 大住憲生 セール チョコレート 

ブログ内を検索
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。