スーツの基本 スーツのジャストフィットについて考える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーツのジャストフィットについて考える



ハケットがファッション関係の業界人ユニット?sartorial7と組んだキャンペーンの動画です。
この人達、業界人とはいえモデルではないので、背丈もまちまちで、フツーの人の体型のように見えます。ただそこは広告キャンペーン、各人のセンスに加え、ハケットによるサポートもあるのでしょう、全員が考えられる限りのベストなサイジング、フィッティング(+スタイリング)でスーツを着こなしているんですね。一般人が、最新のスーツを、ジャストフィットで着た時のイメージを良くも悪くも確認することができる、なかなか貴重な動画になっていると思うので、ぜひみなさんも一度ご覧になって、いろいろ考えてみてください。

Nigel Ruwende氏は、かなり小柄。一般に小柄な人にダブルのスーツは、貸衣装みたいになってしまうので避けるべきと言われますが、いかがでしょうか。彼はさらに帽子を加える事で、トゥーマッチなスタイリングとして成立させてしまっていますが、これはこのキャラクターだからできることで、日本人の我々が真似をするにはハードルが高すぎます。

Terry Donovan氏はダブルのジャケットを単品としてコーディネート。若干短めの丈+タイトなシルエットの、まさに「今」のダブルのジャケットを着た見本のスタイリングであり、バランス、フィッティングともに参考になります。

Phil Green氏のスーツ、どう思われますか?痩せ型の体型に、これでもかというタイトフィッティング。一方で、階段を昇っている時によくわかりますが、パッドはかなり強めに入っています。最近のタイトスーツの極点のひとつだと思いますが、私はこのスタイルがエレガントとは思えません。

CRAIG LANDALE氏は、良くも悪くもフツーですね。体格のいい人のサイジングの参考にはなると思います。

Mhael Dale氏とChris Chasseaud氏も今風のタイトなスーツです。私はここまでシャープなシルエットのスーツであれば、(肩パッドの厚みなど)Dale氏くらいの軽い作りのほうが扱いやすいと思います。

名前は最初に出てきましたが、最後に紹介されるのがJonathan Daniel Pryce氏。日本人にとって一番サイジングが参考になるのは彼の着こなしではないでしょうか。ただ個人的にはネクタイを締めてるのに、クルーネックのセーターを合わせるのはお勧めできません。でも先週京都に行った時、四条あたりで2人見たんだよなぁ・・・流行ってんのかしら。
関連記事

テーマ : ビジネスファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sartorio

Author:sartorio
散財と失敗の結果、学んできたことを書いていけたらと思っています。

スポンサードリンク
カテゴリ
このブログで扱われている話題
クリックすれば関連記事を開きます

コーディネート スーツ ビジネス シャツ スナップ クールビズ ビームス 革靴 中村達也 雑誌 メンテナンス トゥモローランド ネクタイ 結婚式 ジャケパン 就職活動  フォーマル パターンオーダー 栗野宏文 ユナイテッドアローズ ピッティ コート GQ 自転車 アイロン クリスマス プレゼント ポパイ ホーズ スイーツ 靴下 鴨志田康人 コルノブルゥ JR大阪三越伊勢丹 阪急メンズ館 青山 ツープライス リングヂャケット オーダー エリコフォルミコラ イッピン SPIGOLA 靴クリーム リュック 3WAY 春夏 ホワイトデー 芦屋 GQ お洒落 中野香織 赤峰幸生 バーゲン ダイエット District 小木基史 メゾンキツネ 筋トレ トム・フォード ゼニア 阪神間 ウーフ ラヴニュー 靴磨き  ラルフローレン リネン SEEK 大住憲生 セール チョコレート 

ブログ内を検索
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。