スーツの基本 気軽に手軽に楽しめばいい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気軽に手軽に楽しめばいい

ICON OF TRAD VOL.02 Regimental tie(NEWYORKER MAGAZINE)

紳士服、特にスーツについてはその出自・歴史から様々なウンチクがあります。
男はウンチク好きですからね。雑誌なんかでもアイテムどころかディテール単位で
エピソードが語られていることもしばしばです。

ただ残念なのは、そうしたウンチクを雑誌なんかで紹介する”専門家”の方々には
過去の人物や経緯を重視しすぎて、一番スーツを着ている一般のサラリーマンの現実を
どこかに忘れてきてしまっている人が少なくないということです。

男の雑学として、いろんなエピソードを知ることはよいことですが、
それらを踏まえつつ、現実的な装いにおいてどう落とし込んでいくのか、
そこまで語り尽くしてくれる専門家の方が増えてくれることを望みます。

リンクの記事は、服飾ブランドNEWYORKERのサイトにライターの山口淳氏が書いているコラムです。
レジメンタルストライプをテーマにした今回は、ヘミングウェイのエピソードに始まり、
やがて、もともとは英国陸軍を起源としていて・・・とお約束の出自ウンチクへ移りますが、結論はこう。

ラルフローレンあたりにいけば、レジメンタル・ストライプは右下がり、左下がり、どちらも置いてある。
アメリカントラッド好きもヨーロピアントラッド好きもどちらでもない人も、気軽に手軽に楽しめばいい。
そう思う



いいじゃないですか!
海外の、相応の場に出る人は、そんなに多いわけじゃないし、
普段は好きな色のストライプを楽しみ、リスクがありそうなときには小紋を選べばいい。
これが正しい知識の使い方だと思います。
関連記事

テーマ : ビジネスファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sartorio

Author:sartorio
散財と失敗の結果、学んできたことを書いていけたらと思っています。

スポンサードリンク
カテゴリ
このブログで扱われている話題
クリックすれば関連記事を開きます

コーディネート スーツ ビジネス シャツ スナップ クールビズ ビームス 革靴 中村達也 雑誌 メンテナンス トゥモローランド ネクタイ 結婚式 ジャケパン 就職活動  フォーマル パターンオーダー 栗野宏文 ユナイテッドアローズ ピッティ コート GQ 自転車 アイロン クリスマス プレゼント ポパイ ホーズ スイーツ 靴下 鴨志田康人 コルノブルゥ JR大阪三越伊勢丹 阪急メンズ館 青山 ツープライス リングヂャケット オーダー エリコフォルミコラ イッピン SPIGOLA 靴クリーム リュック 3WAY 春夏 ホワイトデー 芦屋 GQ お洒落 中野香織 赤峰幸生 バーゲン ダイエット District 小木基史 メゾンキツネ 筋トレ トム・フォード ゼニア 阪神間 ウーフ ラヴニュー 靴磨き  ラルフローレン リネン SEEK 大住憲生 セール チョコレート 

ブログ内を検索
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。