スーツの基本 男はなぜネクタイを結ぶのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男はなぜネクタイを結ぶのか

男はなぜネクタイを結ぶのか (新潮新書)男はなぜネクタイを結ぶのか (新潮新書)
出石 尚三

新潮社 2006-06-16
売り上げランキング : 459160

Amazonで詳しく見る


梅雨入りして急に気温が下がってきましたが、
多くの会社がフライング気味にクールビズの前倒しを宣言し、
多くのサラリーマンがネクタイをほどきました。
別に暑くもないのでネクタイを締めて出社すると、「なんかあるの?」と聞かれる始末。
うーん、ついに日本はスーツにネクタイを締めていることが不自然である、
というところまで来たようです(季節限定ですが)。
あれ、でもネクタイを締めるか締めないかって、気温や発電量で決めていいものなんだっけ。
ネクタイを締めるのにはそれなりの理由があるのでは・・・
そんな疑問を抱いた私の目に止まったのが、この本でした。

この本は、男性のネックウェアに関する歴史をなぞらえつつ
著名人のネクタイに関わるショートストーリーを集めた形式をとっています。
元祖洒落者のボーブランメルをはじめ、ウィンザー公、ケネディ、オスカー・ワイルドといった
実在の著名人はもちろん、
ジェームス・ボンドやエルキュール・ポワロ、フィリップ・マーロウなど
フィクションの中なれどお馴染みの人物も含め19編ものエピソードが載っています。

これらの登場人物は皆、ネクタイに独特のこだわりがあり、1章につき一人ずつ
「(彼らは)なぜ(そうした独特の素材や形式で)ネクタイを結ぶのか」
について解き明かしていく、という筋立てになっています。
(ですので、私の疑問に対する回答とはちょっと違った方向性の内容です。)

この本にも、服飾関係の評論家が書いた著作にありがちな、独特の語り口や、
読者ニーズよりも著者ニーズ(博識さのアピール?)から書かれている不必要に詳しい記載などは見られますが、
男の服装の変遷にあわせて変化するネックウェアについて
その時代時代に登場する著名人のエピソードと絡めて紹介する構成は読みやすく、
新書としてはよくまとめられていると思います。

この本を読んでもお洒落にはなりませんが、
ネクタイの歴史や雑学を知るための読み物として、おすすめできる一冊です。
関連記事

テーマ : ビジネスファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sartorio

Author:sartorio
散財と失敗の結果、学んできたことを書いていけたらと思っています。

スポンサードリンク
カテゴリ
このブログで扱われている話題
クリックすれば関連記事を開きます

コーディネート スーツ ビジネス シャツ スナップ クールビズ ビームス 革靴 中村達也 雑誌 メンテナンス トゥモローランド ネクタイ 結婚式 ジャケパン 就職活動  フォーマル パターンオーダー 栗野宏文 ユナイテッドアローズ ピッティ コート GQ 自転車 アイロン クリスマス プレゼント ポパイ ホーズ スイーツ 靴下 鴨志田康人 コルノブルゥ JR大阪三越伊勢丹 阪急メンズ館 青山 ツープライス リングヂャケット オーダー エリコフォルミコラ イッピン SPIGOLA 靴クリーム リュック 3WAY 春夏 ホワイトデー 芦屋 GQ お洒落 中野香織 赤峰幸生 バーゲン ダイエット District 小木基史 メゾンキツネ 筋トレ トム・フォード ゼニア 阪神間 ウーフ ラヴニュー 靴磨き  ラルフローレン リネン SEEK 大住憲生 セール チョコレート 

ブログ内を検索
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。