スーツの基本 お洒落

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の男性のスーツ姿のダサさは世界有数だそうで

日本の男性のスーツ姿のダサさは世界有数です(togetter)

「(オシャレが許される女性と異なり)オシャレを許されない男性の人権に思いを馳せてあげて下さい、日本のリーマンほどダサい格好している人は世界でも珍しいです」



とのことですが、今は営業職など人前に出る仕事の社員に対しても、
スーツのお洒落を制限するような会社ってほとんどないんじゃないでしょうか。
コットンのスーツやアスコットタイを選ぶ人は少ないでしょうけど、
それは日本社会で仕事する上で(変なヤツと思われる)不利益を被らないようにしているのと、
着てみても、かっこ良く見えないからです。

通勤電車に乗っている人たちが似たような格好をしているのは事実だと思います。
正直、今の日本のサラリーマンには、お洒落するモチベーションって殆どないんじゃないでしょうか。
スーツ1着に10万弱もかけるだけの意味が感じられない。
限られた予算を、どこに配分するかの選択の中で、スーツはかなり後ろの方に追いやられています。
3万のスーツであれば、ライトグレーよりも濃い色を選んだほうが絶対に見た目はいいですから
そういう意味では妥当な選択がされているとも言えます。

次元大介みたいな風貌のリーマンが許容範囲に入る社会がいいです個人的には。あとルパンのスーツは完璧。



この方の言う「オシャレ」には少し独特の認識が入っている気はしますが
スーツはアクセサリを増やしたりできないので
服の単価を上げずに男のお洒落度を上げるのは結構難しいんですよね。
ただ日本は震災以降、カジュアル化が進んできていますので、
シャツやベルト・靴なんかの自由度はだいぶ増えてきていますし、少し違った方向性から
オフィスでの男性のお洒落度が上がっていく可能性はあるかもしれません。
残念なのは、こうしたカジュアル化に対応した商品(カラフルなステッチのシャツなど)の中に、
男性をお洒落に見せるものが、まだ多くないことです。
この点については、アパレル業界の方の頑張りに期待しています。
スポンサーサイト

テーマ : ビジネスファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

プロフィール

sartorio

Author:sartorio
散財と失敗の結果、学んできたことを書いていけたらと思っています。

スポンサードリンク
カテゴリ
このブログで扱われている話題
クリックすれば関連記事を開きます

コーディネート スーツ ビジネス シャツ スナップ クールビズ ビームス 革靴 中村達也 雑誌 メンテナンス トゥモローランド ネクタイ 結婚式 ジャケパン 就職活動  フォーマル パターンオーダー 栗野宏文 ユナイテッドアローズ ピッティ コート GQ 自転車 アイロン クリスマス プレゼント ポパイ ホーズ スイーツ 靴下 鴨志田康人 コルノブルゥ JR大阪三越伊勢丹 阪急メンズ館 青山 ツープライス リングヂャケット オーダー エリコフォルミコラ イッピン SPIGOLA 靴クリーム リュック 3WAY 春夏 ホワイトデー 芦屋 GQ お洒落 中野香織 赤峰幸生 バーゲン ダイエット District 小木基史 メゾンキツネ 筋トレ トム・フォード ゼニア 阪神間 ウーフ ラヴニュー 靴磨き  ラルフローレン リネン SEEK 大住憲生 セール チョコレート 

ブログ内を検索
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。